--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年03月13日 (火) | Edit |

今週からほぼ日常生活に戻った感じです。
いや、戻った+日々大掃除…。

お手伝いのない生活に傷の痛み(まだ痛い)、病院通いに大掃除なので正直体中の痛みがなくなる日がありません(笑)。
一ヶ月かえてない&干していない布団を干したり、まくらカバーを換えたりベビーベッドを設置したり・・・。
よくよく見ると子供たちの上着も薄汚く(洗濯してなかったらしい・・・)マメに見ていかないと見落としがいっぱいありそうです。
3週間はホントに長かった(;_;)
まひろは最近お昼寝の時間が減ってきていて、お外へ行きたくてしょうがない。
晴れた日にはお散歩もプラスなので、楽しいんだけど腰にきます(笑)。
三男が退院してきた日には、体力が持つのだろうか…


季節的に花粉症なのか、怒鳴りすぎて声が枯れて風邪を引いたのか・・・くしゃみや咳をするとぱくぱくしていた箇所だけが激痛で、ホントにくっついているのだろうか。
帝王切開した人に聞きたいデス。
そしていつから次男坊を抱っこできるのかも・・・。

16日は長男の卒園式&とーまの面会と入浴指導。17日にはとーまが退院する予定。
週末は更に慌しくなるなぁ。
2012年03月09日 (金) | Edit |
CIMG6640_2.jpg CIMG6639_2.jpg



出産してからもうすぐ2週間。
あっという間です。
退院したその日から、買出し、自宅の片付け、役所への届出、料理etc・・・
夜寝るまでフル活動していました。
もちろん・・・傷が痛んでいましたが

3週間自宅に居なかったので、帰る場所のわからない衣類の山と、入院中の衣類で和室は山ができてました(笑)
階段を登るのはかなり厳しかったので、かごに分けてたかちゃんに依頼。
1日目は半分片付けるのでやっと。
2日目は搾乳もあったので体がガタガタで動けませんでした。

なんせ妊娠9ヶ月での入院だったので、ベビの準備が半分ぐらいしか出来てなくて、藤真が戻ってくる前に済ませなければいけないので・・・。
通常分娩と違って、傷の痛みが常についてくるのでまひろ(次男坊)を抱っこすることもできず、数日間はマタニティブルー?みたいに気分が沈んでいました。

たかちゃんに話を聞いてもらい、少し気分が晴れた後は「もう後ろ向きになるのはやめよう」と決心。
今出来ることしか私にはない。って思ったらちょっと楽になりました。
人への不満を考えるよりも、子供たちや自分の体調のことを考えよう、と。

早く生まれた藤真は、ありがたいことに今のところ気になる疾患はなく、無事に点滴も取れてすっきりしました。
体重も、もう少しで産まれたときの重さに戻りつつあり、順調に回復しています。
ミルクの飲みも良く、NICUのスタッフさんに可愛がってもらって幸せです。
最短退院は厳しいけれど、今月中には退院できるかな?

ようやく写真をアップ出来たので一安心。
NICUは携帯の持込不可なので、友達や親戚に送ることが出来なくて・・・。



2012年03月04日 (日) | Edit |
診察、検査の結果、明日の退院が決まりました
…といっても、もちろん私だけですが


今日は抜鋲といって手術のときに打ったホチキス(泣)をとる日。
20個ぐらいありました
それも予告なしにいきなりで…


「そんな痛くないからだいじょうぶよ~」
と美人な女医さんが言ってるので安心してたら、

痛いし


なんか刺さるような痛みと傷をえぐるような痛み
歯を食いしばってこらえました

どうやら金属が長く入っていたことから、アレルギー反応を起こしていて腫れと出血したらしい。
まぁでも、手術後すぐに比べたら確かにマシです


ホチキスが抜けたあとは意外と痛みはなく、歩くのも楽になったなぁと思ってました。


NICUへ授乳に通う間にシャワーへ。
30分しかないので慌てながら服を脱いでると…。


傷がパクパクしてる


下腹部を横に切ったんだけど、右側二センチ程が開いてる
しかも、そこはいつも痛かった場所。

このままシャワーを浴びていいのか悩んだけど、時間もないので普通に洗いました…。


夕方の検温で看護師さんに訴えたら、
「あ~たしかにパクパクしてますねぇ。どんなテープでも良いのではっておくと良いですよ

だって。


えええぇぇ

はっつけるだけ
縫わないの
しかもどんなテープでもって…


とにかくビックリ。
でも、そのあと念のためにドクターを呼んでくれて、同じこと言われました(笑)

人間てすごいねっ
数日でくっつくらしいし。


明日の退院後はとてつもなく忙しいので、体力がもつか心配です


でも、藤真が退院するその日まで…頑張るぞ
2012年03月02日 (金) | Edit |
藤真が産まれてから5日。

初日から私と藤真は同じように少しづつ良くなってきています。

初日、沢山のチューブとケーブルだらけだった藤真。
今日、とうとう保育器がはずれて点滴のみになりました


そして、初めて直接授乳が出来た日。
面会に来たたかちゃんも初だっこ。
やっぱり3番目にもなると多少の余裕が出るからか「可愛いね」と照れながら言ってました


体重は落ちているものの、ミルクの飲みも良く、スクスク成長してるようです。
順調にいけば数日後には点滴も取れるみたいなので、お兄ちゃん達が窓越しに対面出来る日も近いかな?


私の方は、初日麻酔が切れてから悶絶するほどの痛みに襲われ、ほとんど寝れず…


おまけに午前に産もうが夜に産もうが、同じ日扱いなので、次の日には歩行練習が始まります。
これまた地獄の痛み…

更に、ようやくどう尿が取れて室内をおばあちゃんのようにゆっくり歩けるようになったら、今度は胸がパンパンに張って、夜中眠れず…


ここまでが産後3日間

4日目にようやく親切な助産師さんにめぐり会うことができ、マンツーマンでアドバイスをもらって痛みから解放されました


昨日、今日はゆっくりなら歩ける程度。
くしゃみでもしようものなら10分は海老のようにお腹を丸めて悶絶すること間違いない(苦笑)。ただ、シャワーは普通に立ってられるし、トイレも多少楽になってきたので、回復はしてるかな。
通常の分娩よりは回復に時間がかかること間違いないです。


帝王切開だったので入院期間が長く、最短でもあと5日は病院生活。


子供たちや両家のおばあちゃん、そしてたかちゃんもそろそろストレスの限界に来ているみたいなので、早く帰りたい気持ちはあるんだけどね…

この体調で元の生活に直ぐに戻れるのか…正直不安です。
約束を反故にされて結局、「里帰り」なんて夢のような話は現実に出来ないので


まあ、やるっきゃない。
2012年02月27日 (月) | Edit |
昨日はいろいろありました。

初めての体験ばかりで…

朝、なんとなく鈍痛。
モニターをつけると張りが認められ、点滴量を増やしました。

その後、トイレに行くと鮮血が…。

看護師さんに伝えて、とりあえず朝食食べちゃってと言われるも、どんどん増してくる痛みに耐えられず、すぐに横になる。

再度モニター開始。最長4時間はやってたかな…。


日曜日だったので、大学病院のドクターが回診に来てくれる。


子宮口が1㌢開いているとのこと。
激痛に耐えつつも、たかちゃんに連絡しておく。

たかちゃんはすぐに来てくれた。
不安が少し和らぐ。

その後、副医院長の診察があるとのことで移動。このとき付き添った看護師さんは「ゆっくりでいいからね~」と言葉で言うものの、車椅子への移動介助が超雜であり(笑)、段差に配慮なくガッタンガッタン揺れまくりでした…
後にたかちゃんキレかける(笑)


副医院長の診察で若干の破水が確認され、急遽総合病院への搬送が決まる。

生まれて初めて救急車へ運ばれました
私自身は微弱な陣痛以外は余裕だったんだけど、救急車へ同乗してくれた副医院長は焦りまくっていて、陣痛の波がくるたび点滴量をあげまくり、5分後に到着した総合病院では手が震えまくりでした…。

それだけ緊急だったのかと後にわかるんだけどね…。

搬送された病院で再度内診。
直ぐに生まれないように点滴でと言われたんだけど、モニターつけたら強い定期的な陣痛が来ていたので突如帝王切開へ…。

あれよあれよと言うまに検査して署名して着替えて…手術室にいました

幸いだったのは、麻酔がかなり効いてたからか手術の感覚は全くなく、ベビが出たことすらわからなかった程。


そして、産声をあげてくれて思わず泣いてしまった


思ったより大きくてしっかりしていたので安心。お兄ちゃん達にとっても似てました


ただ、週数が若いのと、呼吸が弱いことで直ぐにNICUへ。


後で看護師さんが写真を持ってきてくれたんだけど、可愛いって思うよりもチューブを沢山つけてる姿に申し訳ない気持ちでいっぱいだった


そして、初めての帝王切開の術後、寝れない程の痛みに襲われてます…
通常の分娩とは比べ物にならない程動けません

ホントこれで退院するとき動けてるのか不安です…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。