--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年02月27日 (月) | Edit |
昨日はいろいろありました。

初めての体験ばかりで…

朝、なんとなく鈍痛。
モニターをつけると張りが認められ、点滴量を増やしました。

その後、トイレに行くと鮮血が…。

看護師さんに伝えて、とりあえず朝食食べちゃってと言われるも、どんどん増してくる痛みに耐えられず、すぐに横になる。

再度モニター開始。最長4時間はやってたかな…。


日曜日だったので、大学病院のドクターが回診に来てくれる。


子宮口が1㌢開いているとのこと。
激痛に耐えつつも、たかちゃんに連絡しておく。

たかちゃんはすぐに来てくれた。
不安が少し和らぐ。

その後、副医院長の診察があるとのことで移動。このとき付き添った看護師さんは「ゆっくりでいいからね~」と言葉で言うものの、車椅子への移動介助が超雜であり(笑)、段差に配慮なくガッタンガッタン揺れまくりでした…
後にたかちゃんキレかける(笑)


副医院長の診察で若干の破水が確認され、急遽総合病院への搬送が決まる。

生まれて初めて救急車へ運ばれました
私自身は微弱な陣痛以外は余裕だったんだけど、救急車へ同乗してくれた副医院長は焦りまくっていて、陣痛の波がくるたび点滴量をあげまくり、5分後に到着した総合病院では手が震えまくりでした…。

それだけ緊急だったのかと後にわかるんだけどね…。

搬送された病院で再度内診。
直ぐに生まれないように点滴でと言われたんだけど、モニターつけたら強い定期的な陣痛が来ていたので突如帝王切開へ…。

あれよあれよと言うまに検査して署名して着替えて…手術室にいました

幸いだったのは、麻酔がかなり効いてたからか手術の感覚は全くなく、ベビが出たことすらわからなかった程。


そして、産声をあげてくれて思わず泣いてしまった


思ったより大きくてしっかりしていたので安心。お兄ちゃん達にとっても似てました


ただ、週数が若いのと、呼吸が弱いことで直ぐにNICUへ。


後で看護師さんが写真を持ってきてくれたんだけど、可愛いって思うよりもチューブを沢山つけてる姿に申し訳ない気持ちでいっぱいだった


そして、初めての帝王切開の術後、寝れない程の痛みに襲われてます…
通常の分娩とは比べ物にならない程動けません

ホントこれで退院するとき動けてるのか不安です…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ひっそりブログ読んで応援してたけど、ほんとおめでとう~,子育て大変だろうけどファイト!!
2012/02/28(Tue) 13:08 | URL  | こじ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。