--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年06月25日 (金) | Edit |

17日に無事母子共に退院しました☆
というのも産後2日目にベビの黄疸の数値が高いということで光線治療をしていたので、入院が伸びる可能性があったのです…。
退院ギリギリまで結果が出ず、1人退院の準備をしていた頃…「赤ちゃんも退院できますよ♪」と看護師さんから連絡が。
次の日にもう一度検査に来なきゃいけなかったりするけど、とりあえずはお家に帰れます☆
というわけで、誕生すぐからちょっとした事件がありました。

退院し、家族での生活が始まりましたが…これが大変(笑)
授乳がかなり多いのでかずくんとの時間が全然とれない_| ̄|○|||
たかちゃんは夜遅くまで仕事をしていたりなので、夜が一番大変でした…。
寝かしつけるのもなかなか難しく、正直ミルクに頼る日々。
ミルクだと2,3時間は寝ていてくれるのです(^^;)

そして、退院すぐに我が家の掃除をし(掃除は誰もしてくれてないので…)、洗濯をし、食事の支度をし…。
これを数日繰り返していたら、悪露がすごい量に。熱を測ると37.9℃・・・。
そして子宮がズキズキしてまともに歩くのも辛く、頭痛と妙なフワフワ感にもつつまれた。
「やりすぎた」のだ。
たかちゃんに相談して、必要最低限の家事以外は手を抜きまくることに。

そう決めた次の日。足にたくさんの水泡が出来ていることに気がつく。
しかも痒い。
最初は水虫かと思ったよ、ホントに。それにしても大量すぎとは思ったけど(^^;)
だから水虫の薬を買ってきたいな~ぐらいに思ってた(笑)
そしたら更に次の日。
足の裏の水泡は更に勢いを増し、土踏まずや足の指のいたるところに出来てきた。
おまけに指のサイドにも…。

「これはまずい」
あわててベビが寝ている時間にネットで調べまくった。
いろいろ症状が出ていてわからない…。
どうしようもないので仕事中のおヵんに連絡。

「帯状疱疹かもしれないよ!!!」と言われちょっとパニック。
結局午後休みで帰ってきてもらい、病院へ行くことに。
なじみの皮膚科で「手足口病」と診断されました_| ̄|○|||

これって大人はほとんどならない病気ぢゃん…。
まじ凹みですょ…。
足はとにかく痛痒く、スニーカーを履いているだけで泣きそうな自分。
その日の夜はもう痒みとの戦いでした。

かずくんはその間、幼稚園で一緒のお友達のお家でお世話になってました~。
幼稚園のお迎えやら、お遊びやらでかずくんを預かってくれてホント感謝です_| ̄|○|||

病院帰りにかずくんを迎えに行き、そのまま自宅へ。
おヵんに説明し、話が終わったところでおヵん帰宅…。
「え?もうちょっと居てくれないの??」と思いながら…強くは言えず…。
その後はたかちゃんの帰宅まで足の痛みと闘いながら、そしてかずくんの遊んで攻撃を凌ぎながら(泣)…耐えました_| ̄|○|||

1時間程してたかちゃん帰宅。
衝撃的な話をされましたー…。
「俺もなんか関節痛い…」

熱を測ると高熱ではないけど、確かに熱が。
それでも手足口病の私よりはマシなので(感染の意味から)、かずくんをお風呂に入れてもらい、寝かしつけてもらいました。

二人になってよく考え、最悪の事態になる前に助けを呼ぼう!ということになりました。
川崎のお義父さん、お義母さんに来てもらうことに。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。