--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月27日 (水) | Edit |

朝からかずくんはご機嫌ななめ。
たかちゃんが7時過ぎに連れて降りてくれるんだけど、お腹が痛いと訴える。
でも別に泣きじゃくるわけでもなくこたつで寝てるだけ…。
おまけに私が食べてるパンを食べたがり、結局食パン1枚ペロリ(笑)。



…仮病!?

ホントに痛いのかと心配にはなったけど、便の状態も良かったし、なによりご飯食べれてるし。
甘えたがっている感じがしたので、とにかく甘えさせ、落ち着いてから聞いてみた。
そしたら、おともだちにぶたれること、4歳ぢゃないから(でもかずくんもう4歳…)仲間に入れないと言われたことがイヤだったみたいで、幼稚園に行きたくないと言われた_| ̄|○|||
いろいろやっていたら送迎バスの時間が近づいてきたので、とりあえず園に連絡し、車で送っていくことに。
しばらくお話をしていたら幼稚園に行く気になってくれ、園で先生に報告。
仮病かどうかは確実にはわからないので、気にしてもらえるとのことなので一安心(^^;)

大人からしたら「こんなこと?」と思うことでも子供の世界では一大事なんだよね。
特に「仲間はずれ」は一番辛い。
先生の話だと、かずくんだけ言われてる感じではないらしい…。
まだ1月だし、早生まれのコは他にもいるから…。
他の子よりも体がちっちゃい分、強気で何事もいってもらいたい。
そんな親心と、素直に自分を表現出来るかずくんでいて欲しいという心で複雑です。
でも心にずっとためておかずに話してくれたのでホント良かった。




さてさて。
もう一つのタイトル「はじめてのおつかい」。

昨日の夜、実家のじいちゃんから電話があった。
「コタロのご飯がなくなった」とのこと。
ちょうどその時間、かずくん熟睡(o_ロ_)ozzZ
なので持って行くことが出来なかったので、今日行くことに。

幼稚園から帰ってきたかずくんは朝と違いごきげんさん。
どうやら普通に遊んできた様子。
幼稚園での出来事を結構話してくれるようになりました。
今日は絵の具を使って汽車?電車?かの絵を塗ったらしい(笑)

そんなかずくんに、おじいちゃん宅へおつかいを頼んでみた。
実家は直線距離にしたら50mもなくめっちゃ近いんだけど、手すりのない80段近い階段を降りて行かなければいけないので、1人では到底行かせることは出来ませんでした_| ̄|○|||
でも、かずくんも4歳になったし、階段歩きも上手になってきたのでチャレンジを。
もうすぐお兄ちゃんになるしね☆

かずくんはまったくイヤがらずに行く準備してました(笑)。
リュックに1kg近いドッグフードの袋を入れ、チャイムを鳴らすことや挨拶をすることを伝えてお見送り。

もちろん、私も影で見守ります(笑)
80段の階段の時が一番大変。
そのままいたら丸見えなので階段脇の民家の塀からこっそり。
まるで不審者(笑)。
かずくん、たまに振り向くからバレそうでドキドキでした(^^;)
無事に到着。きちんとチャイムも鳴らし、玄関ドアも1人で開けれた様子。

お母さんの指示では、「荷物を渡してすぐ帰ってくること」だったんだけど、一向に実家から出る様子なし(^^;)
こっそりリビングの窓から覗いてみたら…ジュースもらってました(笑)。
じいちゃん、かずくんが1人で来たことに驚き&歓心し、ごほうびにチョコとジュースをあげたみたい。
かずくんをめっさ褒めてました(*^-^*)
結局途中でコタロとじいちゃんに窓際に居るのがバレて、私も実家の中へ入りました(爆)
帰る準備をして先に戻ってようと思ったら、かずくんが「一緒に帰ろう?」とちょっと心細げ。
帰りは一緒に帰ってきました~♪
ちょっと前まで手を繋がないと不安だったのに、今ぢゃ1人でスイスイ登っていきます。
子供の成長ってホント早いなぁって思いました。
嬉しくもあり、ほんのちょっとだけ寂しい…かなぁ。
でも、はじめてのおつかいは大成功!
実家までならおつかいを頼めそうです♪
こんな感じで慣れていって、私の入院中、実家にお世話になれたら良いんだけど…_| ̄|○|||

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。